回復例(嬉しいお知らせ)


相談者の回復事例は下記の新しいサイトからもご覧いただけます。



----------------------

【多発性硬化症・視神経脊髄炎・バセドウ病】


多発性硬化症、視神経脊髄炎発症、バセドー病の47歳女性


28歳の時に極度のストレスから右目が見えなくなりました。


その後、いったんは視力が回復するも、その直後に両目が見えなくなり緊急入院し3日間のステロイドパルス。


徐々に左目は回復するも、右目は変わらなかったそうです。


微熱、両手脚にの痺れ、全身の痛み、1時間も座ってはいられない状態となりました。


検査結果は、多発性硬化症でした。


退院後、ステロイドを服用し、これでは治らないと9ヶ月で断薬。


しかし、その後は、悪化と好転を繰り返しながらの11年


そして40歳で再発し、入院。両目が見えなくなっただけでなく、両足も動かなくなり、車椅子生活となりました。


10日間のパルス療法とステロイド服用、それにも関わらず、また両目が見えなくり、緊急入院。


この辛い闘病生活の中で、薬や治療では病気は治らないと察し、ホメオパシーやフラワーエッセンスなどの自然療法を学び、薬や治療に頼らない体づくりを開始されました。


そして、45歳の時にバセドウ病を薬や治療なしで完治させ、両目も回復していきました。


しかし、両手脚の痺れ、顔の痺れなどが残り、外出するには困難な状態でした。


そんな頃に「外には出れないからスカイプ面談をお願いします」と当センターへ相談の依頼がありました。


その後、食事改善、七葉純茶、腸内環境改善などを始めました。


また、メンタル的なサポートに重点を置くことで、心身ともに健康体へ近づき、外出可能な日が増えていきました。


そして、スカイプ面談から1年2ヶ月が経った今は、走ることも、階段を駆け上がることもできるようになっています。


現在は、2時間近くかけて、当センターへ仕事を手伝いに来てくれています。


そんな彼女が長い闘病生活を振り返り、治るまでに17年間かかった理由を、こう述べています。


「現代医療だけに頼らず自然療法へ向かったことは正解だったけど、代替医療に頼りすぎたことは間違いだった。そして食事内容でこんなに心や体が変わるとは思わなかった」


1月16日に難病卒業式を行いました。


これからは、サポートされる側でなく、サポートする側に立って活躍していきます。


長い17年間の闘病生活だったからこそ、得たものがたくさんあると思います。


不安や恐怖をたくさん乗り越えたからこそ、人を支える力が備わったと思います。


それらを、闘病中の方々へ還元していくことで、長かった闘病生活の意味を感じて欲しいと思います。


そんな彼女のブログです。
https://ameblo.jp/huwariyou3/entry-12345091035.html


【皮膚筋炎、多発性筋炎、甲状腺機能低下症】


皮膚筋炎、多発性筋炎、甲状腺機能低下症の36歳女性


33歳でレイノー現象が表れ、34歳で疲れやすさを感じていました。


その後に全身に痛みを感じ始め36歳で多発性筋炎と診断。


筋炎の合併症である間質性肺炎を発症し入院することになったそうです。


その時のCK値は7,575、通常は200以下とされて言いますので、かなりのスピードで筋肉細胞が壊れている状況でした。


ステロイド50mg服用開始から開始、半年後に18mgになり退院。


退院後に当センターへ面談に来られました。


服用中の薬はブレドニン(ステロイド)18mg、チラージン(甲状腺の薬)、バクタ(間質性肺炎の薬)でした。


薬なしの体に変えていきたい、病気になった自分を変えたいとの思いで面談に来られました。


食事改善、七葉純茶、温灸などを続けることで、体からぶつぶつとした発疹が体中に出始めました。


それが顔や首にも広がり、体内毒素が皮膚からデトックスされていきました。


それに伴いコレステロール値や中性脂肪も下がり始めていきました。


減薬もスムーズに進み2017年夏にはステロイドを断薬することが出来ました。


高かったCK値も正常化し、甲状腺の問題もなくなりました。


薬に頼るだけでなく、自ら体を変えようとすることの大切さを体を通じて実感されたと思います。


現在はNKG難病克服ガールズのメンバーとして活躍されています。


彼女のブログです。
https://ameblo.jp/ai2121ai


【皮膚筋炎】


皮膚筋炎の5歳(男の子)


幼稚園の運動会で、みんなと比べて走るのが遅いことが気になったそうです。


その後、病院へ行きましたが病名が分からず症状からベッカー型筋ジストロフィーまたは脊髄性筋萎縮症のIII型の可能性が高いとのこと。


そんな頃に面談に来られました。


その頃の症状は足首が硬い、疲れやすい、痛みや痺れで歩きにくい、疲れやすく元気がないなどでした。


詳しい検査(筋生検)で皮膚筋炎だということが分かりました。


症状が強く、CK値があまり上昇しない筋炎だということです。


近年、そのような筋炎が増えているとの説明を受けたそうです。


治療としてはステロイド服用を医師から勧められたそうですが、ご両親は飲まないことの決意をしました。


薬を避け食事改善、デトックス、腸内環境改善を行い元気な体にしてあげたいとのことでした。


すると高かったCK値がが徐々に下がり始め


食事改善から10か月後の2016年5月に CK217


2016年6月に CK136


2016年10月には CK77


その後、2年以上経った今も数値が上昇することなく筋力も徐々に回復されています。


体が回復する過程で、便通が良くなったり、声が大きくなったり、動く範囲やスピードが増したりました。


不安だったこともなくなっていき、元気で小学校生活を楽しく過ごされています。


薬に頼らず、元気な体にしてあげたいというご両親の思いと決意が、この結果を作ったんだともいます。


お子さんの病気を通じて、食生活の大切さに気づき、そのことを大切にしていきたいと言っておられます。


【筋強直性ジストロフィー】


兵庫県52歳女性


カウンセリングは面談を希望されていました。


ここ数年の間に、急速に状態が悪くなっているとのことでした。


旦那さんが付き添われてましたが、杖もついておられました。


乱れていた食生活を見直し、食事改善、七葉純茶を取り入れました。


その結果、1年間で全ての数値が改善しました。


面談当時の血液検査は

CK:342 クレアチニン:0.39 総コレステロール:322


面談から一年後は
CK:149 クレアチニン:0.41 総コレステロール:229


急速に進行していた症状も、3ヶ月後の8月時点で進行が止まっていたそうです。


現在は、外出時にあちこちで杖を忘れて、そのまま歩いていることがあるとのこと。


杖への依存がなくなり、無意識に杖を忘れていることが嬉しいと言っておられます。


この病気は年齢ともに進行するとされていますが、食事改善での回復例が多いのが特徴です。


【筋強直性ジストロフィー】


愛媛県24歳の女性


22歳の時点で指先に力が入りにくくなり、両手、肩、首の筋肉が落ちて細くなってきたそうです。


また、睡眠時無呼吸症の症状もあるとのことでした。


以前から私のブログを見ながら食事改善をされていて、その3ヶ月に相談に来られました。


面談に来られた時点では、睡眠時無呼吸症は治まっていて、筋肉症状も少し緩和されていました。


当時のCK値は376


相談後は七葉純茶を飲み始め、更に食事を見直し、仕事や生活面も見直していくことになりました。


1週間後、便や尿の回数が増え、耳や肩に好転反応がみられました。


その1ヶ月後、排毒による体重減少がありましたが、体の冷えはなくなりました。


大量の便が1週間ほど続き、体温は36.7℃と上がっていきました。


面談から2ヶ月後、オデコににきびが出来はじめ、尿や便以外での排毒と思われる症状が出てきました。


最初の頃はメンタル的な相談も多かったです。


生活面を見直したことでストレスは大きく減っていきました。


半年後にCK値は239まで下がり、11月は149(正常値)、2017年8月には86になりました。


医師から「腕の力が以前より強くなっているね」と言われたそうです。


歩いていても足のツッパリがなくなり、出来なかった車のロックが開けれるようになっています。


小走りで犬の散歩が出来たり、外出しても翌日は元気に回復しているとのことです。


立ったり座ったりも以前と比べると、かなりスムーズに出来ているとのことです。


うまくストレスを回避し、生活の見直しができたこと


食事面での工夫や無理ない程度の運動など楽しみながら進められたことが彼女らしさだと感じます。


【クローン病・アトピー性皮膚炎】


愛知23歳女性


消化器官の粘膜に慢性の炎症や潰瘍を引き起こす原因不明の病気がクルーン病です。


小さい頃からアトピーが酷く、ステロイドを使ったりしながら過ごしてきたそうです。


成人してから下痢 発熱 倦怠感 冷え 肩こり 腰痛といった様々な症状が出始めたそうです。


アトピーもストレスが強くなると酷くなっていたこともあり、仕事でのストレスが引き金となっているのだと感じていたそうです。


また、口内炎ができたり、腎盂炎にもなったことから免疫力も弱っている感じていたそうです。


下痢や発熱が続くことから病院の検査を受けることになり、その結果はクローン病だと診断されました。


親と相談し西洋医学の病院だけでなく、東洋医学の病院でも診てもらうことになりました。


西洋医学は症状を抑えようと薬(ヒュミラ)を勧めました。


東洋医学は自然治癒力を高めることを勧めたそうです。


その後、、我々のところにも相談に来られました。


話し合った結果、出来るだけ自然治癒を優先し、万が一の時は西洋医学を頼る形で進めることになりました。


我々のアドバイスで食事改善を行い、サプリメント、七葉純茶で様子をみていくことになりました。


食事療法のスタート時は、CRP(炎症反応)が6.8(通常0.6以下)と高い状態でした。


約3ヶ月後、食欲が戻り始め、検査を行うとCRPが3.8まで下がっていました。


身体が改善に向かうと、体には好転反応が出始めました。


アトピーや目やに、鼻づまりが酷い時期が2ヶ月ほど続きました。


その後、臭いガスがよく出はじめ、下痢や腹痛が軽くなっていったそうです。


前回の検査から半年が過ぎ、検査を行ったところ、CRPが1.9まで下がっていました。


良質な栄養とデトックスにより、身体の機能が正常化されはじめたんでしょうね。


相談に来られた頃は、体重が減って生理も止まっていました。


しかしこの頃には生理も始まり、減っていた体重も少しずつ増えだしました。


その頃には、熱が全く出なくなりました。


一時期ひどくなったアトピーの跡も、ずいぶんと良くなっていったのもこの時期です。


次の2ヵ月後の検査ではCRPが0.8、体重も元に戻りました。


そして、更に2ヶ月後の検査では、CRPが0.6と基準値に入りました。


発病当初の症状はなくなり、子どもの頃から酷かったアトピーも綺麗に治りました。


食事改善、サプリ、七葉純茶を飲みはじめ、1年余りで症状がなくなり、検査数値も正常化しました。


相談に来られた当初はCRPが高く、いざとなれば西洋医学の力も検討していました。


しかし、治癒力をあげて自ら身体を修復する道を選んだ判断が、この成果につながったと思います。


頑張りすぎてストレスを溜めやすい性格の彼女。


無理をし過ぎないように、コントロールしながら生きていくことを病気が教えてくれたんだと思います。


【顔面肩甲型筋ジストロフィー】


岐阜県70代男性


30代から手が上がらなくなり、相談があった時は杖を使っておられました。
年々、上半身の筋肉が落ち、痩せていったそうです。


相談を受けて食事療法と七葉純茶を始めました。


相談から4ヶ月が過ぎた頃に血液検査をしたところ、CK値(筋肉細胞の壊れる値)が180と正常値(半年前は271)


クレアチニン(筋肉代謝量/筋肉量に比例)も正常値の0.53でした。


また、自律神経が交感神経側に極端に傾いていましたが、20.2%と正常範囲には入りました。

(以前は11.8%)


筋肉が萎縮し硬直すると、自律神経は交感神経優位になるのですが、この数値からも回復されていることが想像できます。


奥さんから連絡をいただき、胸のあたりに肉が付きはじめ、体格が良くなってきていると喜ばれていました。


高齢にも関わらず、4ヶ月という短期間で回復傾向にあるということは、年齢に関係なく身体は変われるという証しだと思います。


他の相談者にとっても、希望を与える結果だと感じます。


【多発性硬化症・シェーグレン症候群】


香川県19歳の女性


多発性硬化症の19歳(女性)から、昨年の2014年3月に相談がありました。


前年11月にとつぜん嘔吐し、その後に眼振や複視が起こったそうです。


そして手足がピリピリ痛み始め、それらの症状は治まらず入院し、視神経脊髄炎と診断されたとのことです。


入院中はステロイドパルスや免疫抑制剤治療を受けるも症状は治まらなかったとのこと。


医師からは「眼振は治らないかもしれない、手足も動かなくなるかもしれない」と宣告を受けたとのことです。


車椅子での生活も視野に入れておくように言われ絶望的な気持ちの中で相談がありました。


「ずっと今まで病気ばかりなんです。なにがなんでも絶対に治りたいんです」


入院中の病院から、薄い意識の中でもろれつも回らない状態でした。


ただ、「治りたい!」という強い気持ちと必死の思いが伝わってきました。


話を聞くと、生まれた頃からアトピーが酷く、16歳でリウマチ、その後シェーグレンの疑い、19歳で多発性硬化症とのこと。


入院中は神経の炎症を抑えるために、ステロイドパルス療法が行われてました。


入院中にできる範囲での食事療法を行い、精神面での支えを行いました。


眼振、手足の症状が治まらない状態で4月に退院となりました。


自宅に戻ってからは自然治癒力での回復を願い、本格的な食事療法とサプリメントを開始しました。


ステロイド45㎎、免疫抑制剤を減らしたいとの希望もあって減薬も始め、6月21日に断薬に成功されました。


7月に排毒(ステロイド離脱症状)と思われるアトピーのような炎症が顔に出始めました。


排毒が始まるとともに、体重が6㎏減少しましたが、眼振が少しずつマシになっていきました。


また、体温が35℃から36.8℃に上がり、免疫力が上がってきました。


8月頃から食欲が出始め、排毒により落ちた体重が少しずつ増えだしました。


しかし、顔の炎症はますます酷くなり、顔の半分くらいが赤く、カサブタのようになっていました。
9月頃から顔全面に広がったカサブタが徐々に落ち始めた頃、眼振が徐々に治まり、手足の症状もなくなっていきました。


12月には全てのカサブタがすべて剥がれ落ち、綺麗な素肌に戻りました。


9月の時点では4か月後にひかえる成人式が気になっていましたが、なんとか間に合ったと喜んでいたのが印象的です。


病気の症状である眼振、複視、手足の症状も全くなくなり、元気に成人式に出ることが出来て本当に良かったと思います。


成人式当日に笑顔でピースをしている写真が届きました。


最初に電話をもらった時とは別人のように思えました。


病気の原因は食事やその他の化学物質だけではありません。


小さい頃から思ったことや言いたいことが言えない環境と、非常にストレスを溜めこみやすかったことが、身体に大きな負担をかけてきた事が病気の原因だと感じました。


ご本人もその事に気付き、自分の思いを周りに伝えながら、これからの人生は目標を持ち楽しく過ごしたい。


病気ばかりの19年間だったので、食事にも気を付けながら、心が健康である生き方をしていきたいと言っておられます。


治らないと言われ、寝たきりになるかもという不安から、1年足らずで元気に回復しました。


成人式を迎え「幸せ過ぎて、気が狂いそうです・・・」とメールをくれたことが、本当に嬉しかったです。


その後、休学していた大学に通い始めるために実家を出て、大阪に引っ越してきました。


そして、当センターでアルバイトしながら、難病の方の希望の存在になっています。


成人式から3年半経ってMRI検査したところ、脳の病巣は跡形もなく消えていました。


その結果に医師も驚いていたそうです。


辛いことがたくさんあったと思いますが、闘病経験が彼女にとって大きな自信になってくれることを願います。


そんな彼女のブログです。

https://ameblo.jp/mywk1995/


【顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー】


神奈川県46歳の男性


大変嬉しいお手紙をいただきました。


20代初めの頃から症状は出始めていたそうです。


そのから、いろんな健康法を見てこられたようですが、判断に迷うものが多かったそうです。


1年ほど前に私のブログを見つけ、希望がわいてきたそうです。


長期間に渡る具体的な血液検査の結果や、娘の元気になっていった過程を見て


「自分も試してみよう!」という気持ちになったとの事でした。


ブログやホームページを参考に、可能なかぎり実践されたそうです。


もし不調になる事があれば、すぐに中止するつもりだったそうですが、身体のだるさが軽減していき驚かれました。


その後の検査では、CK値の低下がみられたことで「効果がある!」と確信さたとのことです。


ピーク時に1200あったCK値が、300代にまで下がったそうです。


疲れやすかった身体も、あまり疲れを感じる事なく過せているそうです。


今後も続けていく事で大幅な改善が見込まれると実感し、お手紙でご連絡いただきました。


改善に向けて何点かご質問いただき、今まで以上に希望を持って進んでいこうとされています。


今後の経過を見守っていきたいと思います。


上記以外の回復事例は下記の新しいサイトからご覧いただけます。


http://kokufuku.jp/goodnews/

作成者:難病克服支援センター