活動予定・報告

1475388542

【相談者の難病卒業式】


今年の2月に相談に来られた視神経脊髄炎、33歳の女性が


9月30日に相談者を卒業することになりました。


昨年、発病し嘔吐、めまい。ふらつき、歩行困難、眼振から


視神経脊髄炎と診断され、ステロイドパルス治療を受け


退院後もステロイド40mg、免疫抑制剤3mgを服用されていました。


その後、食事を変え、七葉純茶、メンタルケアを行いました。


ご本人も様々な身体によいことを試されたと聞いています。


治したい一心で進んでおられるのを強く感じました。


その後、症状も治まり、スムーズに減薬し、8月に断薬に成功しました。


発病の原因は、いろいろありますが、継続的なストレスが大きな原因だったと感じます。


物事の捉え方を変えること、意識の方向を過去から未来へ変えることが出来たのは


ご本人の強い意志があったからだと思います。


検査結果で交感神経優位だった自律神経が、副交感神経優位へ移行し


話すたびにイライラがなくなり前向きになっていったのが印象に残っています。


現在は発病前より元気になり、これからは難病の方の力になりたいと言ってます。


このように相談者が卒業していき


次々と我々につづき、難病の方の支えになっていくように


これからも活動を続けていきたいと思います。


1475150009

【健康のすすめさんから取材を受けました】


娘との闘病で気づいたこと

治せた理由は何だったのか

そんな今、みなさんに伝えていきたいこと

難病克服支援センター設立への経緯

そんな話をさせていただきました。
1444274013

【 "いいもの紹介ページ" を追加しました】


売れればいいというのではなく、消費者の身体や健康を考えて商品作りをされている企業、そしてその商品を紹介していきます。


生産性重視、低コスト重視の商品が世の中にはあふれています。


その結果、現代の食生活は食品添加物や農薬、化学肥料を体内に取り入れてしまっています。


安全、安心な本物の食材や食品こそが自然治癒力を高め健康を維持させています。


難病克服支援センターは、この事に重点をおき商品作りをされている企業を応援してきます。


いいもの紹介ページ」はこちらです

http://guide.simdif.com/いいもの紹介ページ.html


1442673079

【米田高宏先生講演会】


本日、ホテルセイリュウで行われた
米田高宏先生による健康セミナーの様子です。


我々の活動をお話しさせていただくお時間をいただき、みなさまに聞いていただきました。


我々のFacebookを見ていただいている方ともお会いできて、直接お話が出来たことを嬉しく思います。


この様な機会を通じて、健康への意識が高まる事を願います。

1442240880
【健康でいる為に大切なことセミナー】


某一流企業の営業の方々にお集まりいただき

セミナーを開催させていただきました。


お知り合いの病気の方々に情報を役立てたいと

熱心に聞いて下さいました。


これからもこのような活動を継続したいと思います。

1436067306
書籍 約束

【娘との闘病本が完成しました】


何を頼ればいいのか、何を信じればいいのか


何も分からなかった出発点から様々な試み


数々の助け、必死で得た知識と共に難病を克服し


元気な姿を取り戻すまでの全てを 赤裸々に綴っています。


医師から絶対に治らないと言われた病気が治りました。


病気を治す力は自ら持っています。


健常者の方、難病を患われてしまった方


難病と闘っているお知り合いがおられる方


一人でも多くの方に、本書を手にとって頂けると幸いです。


こちらからご購入できます。

http://nkc.theshop.jp/


1370023885

【医学不要論に載りました】


 2013年5月発刊の「医学不要論」に

娘との闘病記が掲載されています。


著者:内海 聡氏
筑波大学医学専門学群卒業
東京女子医科大附属東洋医学研究所 研究員
東京警察病院 消化器内科 勤務
牛久愛和総合病院 内科・漢方科 勤務を経て
平成18年8月 牛久東洋医学クリニック 開業
平成25年4月 牛久東洋医学クリニックを閉院
断薬を主軸としたTokyo DDCを開業

1434239233

【家族の食事を考えるセミナーを行いました】


昨日、株式会社帝塚山夢工房さまで行ったワークショップの様子です。


娘が難病になって気付いた食事の大切さ


難病が治って実感した自然治癒力の素晴らしさ


食事を見直すべきポイント


ホンモノとニセモノの見分け方


などをお話しさせていただきました。


真剣にノートにメモされている方が多くいて、楽しく集中した2時間でした。


食事と健康について考える為の、よいキッカケになったと思います。


- 1 - - 2 -

作成者:難病克服支援センター