難病宣告(娘 当時6才、現在14歳)


西洋医学では薬も治療法もなく、5年後は寝たきりと宣告されたとき、まだ娘は6歳


信じられない気持ちと、娘を救いたい一心から、情報を求めて本を読みあさりました。

手探りで始めた自己流の食事療法、それを基盤に漢方、鍼灸、七葉純茶、サプリメント、・・・。


そんな努力とは裏腹に、一年後には走れなくなり、立てなくなり、

手が上がらなくなり、痩せていきました。

それでも懸命に生きる娘の姿に支えられ、僅かな期待が毎日のエネルギー。


2年が経った頃、徐々に回復の光が見えだし、

出来なくなった事が少しずつまた出来るようになり…


小さな光を追い続けた結果、約4年で血液検査が正常値に戻り、

自力で立てる、走れる、自転車に乗れるまで回復しました。


血液検査結果と娘の状態は こちらから

血液検査コピーは こちらから


車椅子でしか参加できなかった運動会。

ようやく少し走れるようになった6年生、初めての徒競走出場 !!

みなさんの拍手の中、100mを完走させていただきました。


その時のyoutube映像です。 → こちらから


あれから7年、娘は中学生。

血液検査の悪化もなく、益々元気に学校へ通っています。


夜のジョギング風景 → こちらから


約束(難病克服体験記)

【書籍 約束】


娘が難病宣告されてからの様々な思い


そして、親として行ったことの全て


次女とした約束、そして長女との約束


様々な葛藤の中での希望と不安、出会いを綴った本です。


娘が完治し、それがキッカケとなり難病相談を受けるようになりました。


そして、娘だけでなく、医師から見放された多くの相談者も回復していきました。


そんな相談者さんのストーリーも本に載せています。


アレルギーで悩んでいる方やこれからの予防のために


多くの方に参考にしていただきたいと思います。


そして、人生の大きな壁にぶつかっている方にも、ぜひ読んでいただきたい本です。


1冊、1冊を自分たちでお届けしたい気持ちから


自分たちで梱包し手紙を添えて発送することにしました。


ご購入は下記よりできます。


http://nkc.theshop.jp/items/1723503

約束(目次)
第四章「家族」
第七章「ゴールテープ」
作成者:難病克服支援センター